【口コミ】SPACE WiFiを迷ったあげく契約!その理由と解約までをレビュー

「Wi-Fiを契約したいけど、契約期間の縛りが煩わしい。解約違約金がかかるのも嫌だなぁ。」

「通信速度制限のないWi-Fiを契約したい!」

基本2年は契約を続けないといけないWi-Fi。途中で解約したときの高額な違約金…。

2年契約するのが前提ならまだしも、途中で解約する可能性があるのに2年しばりのあるWi-Fiに加入するのは躊躇してしまいますよね。

そんなあなたに、

  • 契約期間のしばりがないからいつでも解約できて安心
  • 解約違約金がない
  • 各種手数料が一切ないシンプルな料金体系

といった特長のおかげで無駄な出費がなく、しかも月単位の通信速度制限がなく使いやすいのがSPACE Wi-Fi (スペースワイファイ)です。

私自身、以前からSPACE Wi-Fi の契約は検討していたものの、デメリットがあると感じ今まで契約していませんでした。

SPACE Wi-Fi のデメリットについて記載した投稿がこちらです▼

SPACE WiFiの4つのデメリットとは?後悔する前に要確認!

が、この決断をして約1ヶ月たった今、なんとSPACE WiFiを契約しました!

デメリットとか言ってたのに何でいまさら契約したの?

そう、そう思いますよね!

今契約している理由は、先月契約したWi-Fiが通信速度制限にかかってしまって、インターネットが使えなくなってしまったから。

今までは速度制限にかかったことがほとんどなく、なぜ今月に限って月の上旬に制限がかかってしまったのかは不明。

現在原因を調査中です。

通信速度制限でインターネットが使えなくなってしまったとき、無駄な料金を支払うことなくすぐに契約できるWi-Fiをいろいろと探しました。

そのときに比較検討した結果、「SPACE Wi-Fiは、デメリット以上にメリットが大きい!!」と感じたからです。

そこで私が民泊Wi-Fiの一つ、「SPACE Wi-Fi」でレンタルした理由、デメリットを上回るメリットを感じた点を紹介します。

契約期間のしばりや解約違約金のない、他社の民泊Wi-Fiとの料金比較もしています。

「Wi-Fi利用するときの契約期間のしばりが面倒」「月々のWi-Fi使用料をできるだけ低く抑えたい!」というのなら、

⭐️解約違約金がないので安心して契約できる

⭐️月々の料金は4,000円以下!契約事務手数料や送料など無駄な料金負担がない

といった特徴のあるSPACE Wi-Fiがぴったりです✨

ただ、Wi-Fiのレンタルに関して少しトラブルがあったのでそれに関しても記載しています。

先に「民泊Wi-Fi、SPACE Wi-Fiのデメリットとは?後悔する前に確認!」を読んでこちらの投稿をご覧いただくと、SPACE Wi-Fiのメリット・デメリットがより分かりやすく、「契約したけど思ってたのと違った」という後悔をせずにすむので、合わせてご覧ください。

MEMO
追記:2018年4月にはじめて利用したのに加え(その後解約)、2019年3月現在もSPACE Wi-Fiを利用しています。計2回利用した経験を踏まえこの記事を書いています。

公式サイトでSPACE Wi-Fiの詳細を見る

民泊Wi-Fiのひとつ、SPACE Wi-Fi (スペースワイファイ)とは

まず簡単にSPACE Wi-Fiの特徴をまとめます。

SPACE Wi-Fi では民泊向けのWi-Fiレンタルを展開しています。

しかし、一般利用 (個人利用)も可能✨

SPACE Wi-Fiの特徴は、以下の5つ▼

最安値保証がある

月額料金 3,680円(税抜)のみ

初期費用・契約手数料・解約手数料・端末代金もすべて0円

いつでも解約OK、契約期間縛りなし

下り最大440Mbps / 月間通信制限なし

 

そのため、

  • 解約違約金がないWi-Fiをレンタルしたい
  • Wi-Fiの契約期間の縛りが面倒
  • 契約手数料、送料など余計なお金はかけたくない

というのなら、配送料・初期費用など無駄なお金を一切かけることなく、しかもいつでも解約違約金なしで解約可能でものすごく便利なWi-Fiです😊

 

公式サイトでSPACE Wi-Fiの詳細を見る

SPACE Wi-Fiの特徴1 月間通信制限がないのに安い

「通信制限なし」をウリとしているSPACE Wi-Fiですが、月間の通信制限はないものの、日間の通信制限はあるところには注意が必要です。

SPACE Wi-Fi でレンタルできる Wi-Fi ルーターは、「SPEED Wi-Fi NEXT04(ワイマックス)」と「 Wi-Fi801ZTソフトバンク)」の2つありますが、それぞれ以下のような通信速度制限があります。

MEMO
以前は「WiFi 801ZT(ソフトバンク)」でなく「Mobile Wi-Fi E5383s(ソフトバンク)」というルーターが使われていましたが、2019年4月下旬より、2019年4月8日発売の最新機種「801ZT」に端末が変更となりました。

SPEED Wi-Fi NEXT04(ワイマックス)3日で10GBを超える大量通信が発生した場合、翌日夜の一部時間帯のみ通信が制限される

Pocket WiFi 801ZT(ソフトバンク)1日で3GBを超える大量通信が発生した場合、当日中速度が制限される

WiFi 801ZT

WiFi 801ZT(SoftBank)

参考までに、UQ WiMAX公式サイトを参考にすると、10GBや3GBは以下のような利用をしたときの通信量になります▼

内容 3GB 10GB
ホームページ閲覧 スマホ 約10,000回 約33,330回
PC 約1,200回 約4,000回
テキストメール(300文字) スマホ 約200,000通 約666,660通
テキストメール(500文字) PC 約100,000通 約333,330通
テキストメール(300文字)+写真1枚 スマホ 約3,000通 約10,000通
テキストメール(500文字)+写真1枚 PC 約600通 約2,000通
YouTube(標準画質360P、5分間) スマホ 約150回(約12.5時間) 約500回(約41時間)
YouTube(HD画質720P、5分間) PC 約60回(約5分間) 約200回(約16時間)
GoogleMap
(東京都を表示した状態から6回ズームイン)
スマホ 約1,000回 約3,330回
PC 約1,000回 約3,330回

以前は、月単位の速度制限はないにしても

3日で10GBとか、1日で3GB使ったらしばらく速度制限されてしまうのがネックだなぁ

と思っていたんです。

ただ、月単位の速度制限がないWi-Fiレンタルを探してみると意外と少なく、さらにレンタル費用は高くなります。

価格ドットコムで表示された、短期Wi-Fiレンタルを実施している各社の、1ヶ月Wi-Fiルーターをレンタルしたときのレンタル料+送料はだいたい5,000~7,000円ほど。

一方SPACE Wi-Fi の月額料金は、一か月あたり3,974円(税込)

他社と比べて7割ほどの月額料金でレンタルできるんです。

私はWi-Fiがレンタルできるサイト・サービス提供会社をインターネットでいろいろと探したのですが、なかなか月間の通信制限がなくかつ安いものが見つからず、

ん?そういえばSPACE Wi-Fi って月間の通信速度制限なかったよね?

と思いSPACE Wi-FiのHPを見て、改めて月額料金を確認して「めちゃくちゃ安い!」と再認識しました。

SPACE Wi-Fiの特徴2 送料・初期費用がかからない

Wi-Fiをレンタルする際、ほとんどのレンタル業者で送料がかかります。

送料は1,080円ほどなので、レンタル料に加えてさらに費用がかかることになります。

一方、SPACE Wi-Fi は送料無料

さらに他の民泊Wi-Fi、例えば「famii」や「民泊Wi-Fi」はSPACE Wi-Fi と同じく契約期間のしばりがないWi-Fiですが、「famifi」では3,000円が、「民泊Wi- Fi」では4,000円が、初月に契約事務手数料として月額料金とは別でかかります。

一方SPACE Wi-Fi では契約事務手数料が不要なため、初月に必要なのは日割り計算した月額料金だけです。

実際私は4月の途中からレンタルを始めたのですが、4月にかかったのはレンタル料を日割り計算した1,876円だけでした。

契約時に届いたメールの抜粋

「できるだけ安く済ませたい!」と思っているときに送料や初期費用がかかるのは痛い出費なので、「送料・初期費用がかからない」というメリットはすごく大きく感じました。

 

公式サイトでSPACE Wi-Fiの詳細を見る

SPACE Wi-Fiの特徴3 安心補償パックがない

SPACE Wi-Fiは「安心補償パック」がありません。

注意
2018年11月1日より、安心補償パックが追加されました。

「安心補償パック(会社によって名称は異なる)」は、Wi-Fiをレンタルするとき、紛失・盗難・破損などがあったときの費用負担を減らすため、レンタル料・送料とは別でパック料金を支払うものです。

もちろん安心補償パックに加入しない場合は別料金がかかることはありませんが、紛失・盗難・破損のときに高額な支払いが求められるのが通常です。

例えば、Wi-Fiレンタルを実施している「Wi-Fi Rental Japan」や「88モバイル」の場合は以下のようなお金がかかります▼

安心補償パックなし 安心補償パックあり
盗難・紛失の全損 40,000円 15,000円
傷などの部分破損 15,000円 7,500円
付属品の全損・破損 3,000円 1,500円

一方、SPACE Wi-Fi は「安心補償パック」はないので、月額料金以外にお金が必要になることはありません。

MEMO
2018年11月1日より安心補償パックが追加されたため、加入する場合月540円(税込)が追加で必要となります。

>>安心補償について詳しく見る

SPACE Wi-FiはWi-Fiルーターを紛失したり壊してしまったときにどのくらいお金がかかるんだろう?

と思い調べたのですが、SPACE Wi-Fiの場合、端末を紛失または破損したときにかかる料金は、10,800円(税込)、SIMカードの再発行料は3,240円(税込)です。

MEMO

2018年11月1日から安心補償パック(月額540円)が追加され、安心補償パックに加入している場合は過失による故障時、紛失時、水没時の弁償金が10,800円(税込)負担になります。

(安心補償パックに加入していない場合は43,200円自己負担)

SPACE WIFI 安心補償

例にあげた Wi-Fi Rental Japan、88モバイルでWi-Fiルーターをレンタルして紛失・盗難したときは、

安心補償パックに入っていても15,000円がかかる、入っていないときは40,000円もかかってしまうと考えると、SPACE Wi-Fiの10,800円は相当安いです。

安心補償パックがある場合、加入するか・しないかで迷いが生じますが、SPACE Wi-Fiはそもそも安心パックがないため加入に迷うこともない、パック料金もかからない、さらに万が一のときの費用負担は他社よりも安いので、

これなら無駄なお金もかからないし、もしものときも高額な支払いをしなくて済むので安心だ!

と感じました。

SPACE Wi-Fiの特徴4 ホームWi-Fiでも通信速度は安定

私はWi-Fiを自宅で利用するため、カフェなどに持ち込んで使うことはありません。

そのため以前SPACE Wi-Fi の契約を考えていたとき、

自宅でしか使わないから、ホームルーターにした方が通信速度が安定するな

と思い、持ち運びできる大きさのルーターしかレンタルできないSPACE Wi-Fi は自分には不向きだと思ったのが理由の一つで契約を見送りました。

ただ実際にルーターをレンタルして使ってみると、ホームルーターと同じくらい通信が安定していて、不安定さは感じませんでした。

これはお住いの場所や家の中のどこで使うのかによって変わるため一概に通信が安定するとはいえません。

しかし少なくとも私の場合は自宅で問題なく使えたので、「民泊Wi-Fi、SPACE Wi-Fiの4つのデメリットとは?後悔する前に確認!」であげていた『自宅だけで使う場合はホームルーターの方が通信が安定する』というデメリットは結局痛感しませんでした。

他社の民泊Wi-Fiと料金比較してみた

SPACE Wi-Fiは月額料金が安い・初期費用や送料がかからず、かなりお財布に優しいお値段であることは分かりました。

とはいえやはり他社としっかり料金を比較してみないとどれだけ安いのかが分かりづらいため、一覧にして料金比較してみました▼(スマホは横スクロール可能)

SPACE Wi-Fi famifi JP MOBILE 民泊Wi-Fi 民泊レンタルWi-Fi
月額料金 3,974円 4,298円
(最大2か月は
特別価格2,678円)
3,758円 4,860円
(安心サポート料金込)
初期費用 なし なし なし なし
契約事務手数料 なし 3,240円 4,320円 4,860円
解約事務手数料 なし 5,400円 3,240円 なし
解約違約金 なし なし なし なし
配送料 なし 1,080円
(沖縄は1,620円)
なし なし
契約期間 なし なし なし なし
1年間利用で解約時
の合計料金
47,688円 58,056円 52,656円 63,180円
2年間利用で解約時
の合計料金
95,376円 109,632円 97,752円 121,500円
日間通信制限 WM:
3日10GBで6時間制限
SB:
1日3GBで当日制限
なし なし なし
月間通信制限 なし なし(※1) 30GB なし(※2)
キャリア ソフトバンクまたはWiMAX 国内複数キャリア ソフトバンク4G(LTE) ソフトバンク
安心保証 540円 540円 540円 なし(月額料金に込)
破損・故障 43,200円
※安心補償加入で10,800円
10,800円
※安心保証加入で無料
21,600円
※安心保証加入で無料
0円

価格は税込。合計料金は安心補償(保証)パックに入らなかった場合の料金
※1 メール、SNS、You Tubeの動画再生など日常的な利用は快適に利用可能。ただし、短期間での大幅な通信が発生する利用(動画のDL等)はキャリア判断により、該当端末への速度制限がかかる場合あり。
※2 キャリア判断によって制限がかかる場合あり。(月50GB以上のペースで1か月以上使う毎月など)制限が発生した場合は代替機器(有料)を貸出可能。

2018年11月1日からの「安心補償パック」の追加に伴い、過失による故障、紛失、水没による弁償金は他社よりも高額になります。

しかし注目してもらいたいのが「1年間利用で解約時の月額料金」「2年間利用で解約時の合計料金」です。

配送料や契約事務手数料、解約手数料がまったくかからないことや月額料金が安い分、他社と比較して合計の利用料金は1年間で最大18,000円程度、2年間で最大3万円程度も安くなります。

さらにJP MOBILE 民泊Wi-Fiより月額料金(税込)は高くなりますが、

⭐️JP MOBILE Wi-Fiを利用した場合には必須の契約事務手数料、解約手数料がかからない

⭐️さらには月間の通信制限がない

ことを考えると、SPACE Wi-Fiには単純に月額料金だけでは比較できないメリットがあります。

比較してみると改めてその安さやメリットが分かります。

 

公式サイトでSPACE Wi-Fiの詳細を見る

実際にSPACE Wi-Fi でレンタルしてみた(トラブル有)

実際にSPACE Wi-Fi でレンタルして、少しトラブルがあったのでそのことも記載しておきます。

SPACE Wi-Fiの公式サイトからレンタルを申し込んだあと、指定した日時にWi-Fiルーターが届きました▼

箱に入って届くのかと思ったらわりと簡易な包装でびっくり

中身はこんな感じ▼

SPACE Wi-Fi

ルーター本体とACアダプタ、簡単な操作方法や、パスワードが書かれた用紙が同封されています。

やったー!これで通信制限地獄から抜け出せる…!

と思い早速使ってみたところ、思っていた以上にスイスイつながるので安心して使っていました。

しかし、その翌日の夜、これまで問題なく使えていたのに急にWi-Fiがつながらなくなったのです。

「回線が混雑しているのかな?朝になったら直るだろう」とその夜はWi-Fiを使わずにいたのですが、次の日になってもずっとつながらない…。

まだ速度制限かかるほど使ってないよね?

と思い、原因が分からなかったためSPACE Wi-Fi に問い合わせしたところ、

SPACE Wi-Fiの人

たくさんお申し込みをいただいていて、3日で10GBのルーターも、1日3GBのルーターも在庫がなく、3日で5GBで制限がかかるルーターを送っています

と返答が!!!

そんなこと、一言も聞いてない・・・(心の声)

 

HPにも『3日間で5GB使ったら制限がかかるルーターを送る』なんて記載されてないし、申込みしたあとに届いた確認のメールにも、HPに記載されている2つのルーター、

機種:Speed Wi-Fi NEXT04(WiMAX)、Mobile Wi-Fi E5383s(Softbank)どちらかの端末をお届けいたします。

って書いてあるし!w

SPACE Wi-Fiの人

在庫がないので在庫があき次第どちらかのルーターを送ります。

と言われました。

3日で5GBもたくさんデータ通信ができるルーターだとは思いますが、私の場合、身に覚えがないのに異常な通信量がかかっていてその原因が分からなかったため、

また速度制限に引っかかるかもしれないから、できるだけ速度制限のゆるいところ・もしくは速度制限のゆるいルーターを借りよう

と思っていました。

そのため「3日で5GB」で制限がかかるならそもそもSPACE Wi-Fi でレンタルしてないし、納得できなかったため苦情を言いました。

ただ1週間後にソフトバンクのルーター(1日で3GB)のルーターが届いたので、今は「まぁいっか」と思っています。

このようなことがあったため、速度制限が心配なら申込みする前に、『今申し込んだらどのルーターが届くのか』というのは電話やメールで問い合わせして確認した方がいいです。

また私は契約中何度かSPACE Wi-Fi に問い合わせしたのですが、ぶっきらぼうな方はいなく丁寧に対応していただいたので、使い方などで分からないことがあれば気軽に問い合わせしてみてください。

電話したとき、感じのいい方ばかりばったので変な会社ではないんだろうな。

と思っています。

2018年12月11日追記:

以前レンタルしたときはHPに記載のないルーターが届いてびっくりしたのですが(笑)、2018年12月に利用開始した際はHPに記載のあるルーターのうち【E5383s(ソフトバンク)】が届きました。

MEMO
2019年4月下旬からE5383s(ソフトバンク)から【801ZT】に変更になったため現在は取り扱いのないルーターになります。

SPACE Wi-Fi

ちなみに私は今住んでいる住所がこのHUAWEIのエリア範囲内か分からず、契約前にSPACE Wi-Fiに問い合わせしたところ、住所からエリア範囲内かどうかの確認をしていただけました。

私が調べたところこのHUAWEIの端末はエリア検索ができなった(自分で住んでいる住所またはWi-Fiを使用する住所で電波が使えるかどうか分からなかった)ので、心配ならSPACE Wi-Fiに問い合わせして確認してもらいましょう💡

 

SPACE Wi-Fi (スペースワイファイ)を解約する方法

SPACE WI-Fi を解約する場合、こちらの解約フォームから解約の申請が必要になります。

解約するときは1ヶ月以上前に連絡しなくてはいけないので、解約の連絡をした当月末で解約はできません。

また解約は月単位になるので、月の途中での解約もできません。

例えば8月末で解約したいのであれば、7月中に「8月末で解約」の旨をSPACE Wi-Fiに電話して伝えます。

注意
8月になって連絡しても、8月末の解約は受け付けてもらえません

解約の旨をSPACE Wi-Fi に伝えたら、解約月の末日の5日後までにSPACE Wi-Fi に届くように、Wi-FiルーターとACアダプタ、充電ケーブルを返送します。

8月末で解約するのであれば、9月5日までにSPACE Wi-Fi に届くように返送しましょう⚠

返送先住所は解約フォームに記載のある北海道の住所です。

SPACE wifi

また、返送するときの送料は自分で負担する必要があります。

発送して届くまでに時間がかかることが予想されるので、思わぬ支払いを避けるためにもできるだけ早めに返送するほうが安心です。

SPACE Wi-Fi 解約時の注意点メモ
  • 解約フォームから解約の申請をする
  • 月の途中での解約はできず、必ず月末での解約になる。
  • 解約する1か月以上前に連絡要。12月末で解約する場合は11月中に解約の連絡をする。
  • 解約に伴うレンタル機器(Wi-Fiルーター、ACアダプタ、充電ケーブル)の返送送料は自己負担

おすすめの返送方法

SPACE Wi-Fiを解約するときルーターなどのレンタル機器の返送におすすめの発送方法をあげてみました。

⭐ゆうパック

  • 厚さ3cm以内の場合…全国一律350円(税込)
  • 郵便局でもらえる「専用あて名シール」に宛先などを記載して切手を貼ってポスト投函、または郵便局窓口から発送
  • 追跡サービスで差し出しからお届けまでの配送状況を確認可能
  • おおむね差出日の翌日~翌々日に郵便受けにお届け
  • 郵便局でもらえるゆうパック専用の送り状を封筒に貼り付けて郵便局窓口、または切手を貼って郵便ポストから発送する

⭐レターパックライト

created by Rinker
日本郵便
¥4,070 (2019/11/11 17:53:26時点 Amazon調べ-詳細)
  • 厚さ3cm以内…全国一律360円(税込)
  • 追跡サービスで差し出しからお届けまでの配送状況を確認可能
  • 郵便受けにお届け
  • 郵便局またはAmazonなどの通販で購入できるレターパックライト専用の封筒に入れてポスト投函、または郵便局窓口から発送

⭐レターパックプラス

created by Rinker
日本郵便
¥5,690 (2019/11/11 20:15:33時点 Amazon調べ-詳細)
  • A4サイズ、重量4kg以内であれば4cmを超えても利用可能…全国一律510円(税込)
  • 追跡サービスで差し出しからお届けまでの配送状況を確認可能
  • 対面でお届け。受領印または署名をもらう
  • 郵便局またはAmazonなどの通販で購入できるレターパックライト専用の封筒に入れてポスト投函、または郵便局窓口から発送

 

上記の方法だと350円~500円ほどで返送でき、解約手数料に数千円かかる他社と比べても大きな負担にはなりません。

ただ上記の発送方法は補償がついていません。

返送中のレンタル機器の破損や紛失が心配なら、送料は800円~2,000円ほどかかりますが、原則として最高30万円までの実損額を賠償してくれるゆうパックや、責任限度額が3万円までの宅急便コンパクトで送る方が安心です。

 

追記:利用開始して4ヶ月経った感想

2018年12月にSPACE Wi-Fiを利用しはじめて(2回目)約4ヶ月が経ったので、4ヶ月間利用した感想を追記します。

私はここ4ヶ月間SPACE Wi-Fi で契約してお借りしている【HUAWEI-E5383s】を利用していますが、近所のカフェ、電車内、混雑しているディズニーランド内などでも特に速度の遅さを感じることなく利用しています。

SPACE Wi-Fi

私は主に近所のスタバでパソコンを使って仕事をするときに使っているのですが、ルーターの充電100%の状態で使い始めて、3時間くらいWi-Fiを使い続けて75%ほどは充電が残っています。

そのため単純に計算すると12時間くらいはルーターの充電が持つので外でガンガンに仕事をしても電池がなくなることはないので安心✨ (もちろんルーターにより電池の持ちは違うので一概に比較はできませんが…)

また家に設置しているホーム専用のWi-Fiが夫が動画をたくさん見たせいで速度制限にかかっても、このSPACE Wi-Fiで借りているルーターがあるため私だけは快適にインターネットを使っています(笑)

SPACE Wi-Fiは初期費用がかからないため初月分は単純に利用日を日割り計算した金額で利用できるし、「絶対に2年利用しないといけない」という変なプレッシャーもないので本当に安心して利用できます。

「最安3,000円程度から始められる!」といった安さをウリにしているWi-Fiもありますが、そういったWi-Fiはたいてい2年以内に解約した場合に違約金が数万円かかったり、3ヶ月目あたりから5,000円くらい月額料金がかかるものがほとんどです。

その点SPACE Wi-Fiは初期費用がかからないし、契約期間の縛りもないし解約違約金もないので私みたいに「難しい契約をしたくない」「契約期間とか面倒くさい!」という人にはもってこいのWi-Fiです

ただ海外では利用できないので注意してください⚠️

 

まとめ

検討して一度は契約を見送ったSPACE Wi-Fi ですが、実際に利用してみて、

月間の通信速度制限がかからないわりに安い

送料がかからない、初月は日割り計算なので無駄にお金がかからない

わずらわしい解約違約金がない

持ち運び可能なルーターでも通信は安定

といったメリットの大きいWi-Fiレンタルでした。

  • Wi-Fiを契約したいけど、契約期間内に解約する可能性があり解約違約金がかかりそう
  • 契約期間のしばりがないWi-Fiがいい
  • 解約違約金がわずらわしい
  • 毎月の固定費を下げたい
というのなら、
  • 契約期間のしばりなし、解約違約金が発生しないからいつでも解約できて安心
  • 初月にかかるのは日割り計算した月額料金だけで無駄な出費は不要
  • 各種手数料が一切ないシンプルな料金体系
  • 毎月の固定費(インターネット利用料)を4,000円以下まで削減でき、家計にやさしい
といったメリットのあるSPACE Wi-Fi は使いやすくて便利です😊✨

 

公式サイトでSPACE Wi-Fiの詳細を見る

 

4 Comments

すぎさん

この記事を見て、自分もSpace wi-fiを契約しました。まだ到着してませんが、楽しみでいっぱいです。ありがとうございました。

返信する
めまる めまる

コメントありがとうございます。記事にした甲斐がありました。お役に立ててとても嬉しいです^^

返信する
ととと

今日、SPACEWi-Fiから届きましたがHPに載っている端末ではなく
FS030wという機種でした…交換してもらえるかなぁ(´;ω;`)

ちなみに、ソフトバンク回線の1日3Gの制限は
速度制限後どれだけ遅くなっています?

返信する
めまる めまる

そうなんですね(;ω;)今使っている1日3Gのルーターではインターネットの閲覧くらいしかしておらず、速度制限がかかったことがないため制限後どのくらい遅くなるか分かりません、すみません(泣)
ただ私がSPACE WI-Fiをはじめて利用したときに届いたインターネットには記載がないルーターでは、速度制限がかかるとインターネットの閲覧もできない(画面が開くまでに異常に時間がかかる)状態で速度制限がかかると使い物になりませんでした。
すぐに問い合わせしてみるか、使ってみてすぐに速度制限がかかるようなら交換してもらうよう問い合わせしてみるのがいいと思います(>人<;)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA